Refined Colors


  spacer
Refined Colors
photos
QTMV
Tour Schedule
Download
contact

spacerEnglish

藤本隆行(ディレクター・照明)

1987年 - アーティストグループ・ダムタイプに参加.
http://dumbtype.com

ダムタイプの活動を軸とし,下記公演等の舞台照明デザイン・オペレート,
並びにテクニカルマネージャーを務める.

主な参加作品 :
「S/N」 (ダムタイプ パフォーマンンス) : ワールドツアー 1994-1996
「OR」 (ダムタイプ パフォーマンンス) : ワールドツアー 1997-1999
「memorandum」 (ダムタイプ パフォーマンンス) : ワールドツアー 1999 - 2003
「formula」 (池田亮司コンサート) : ワールドツアー 2000 - 継続中
「Voyage」 (ダムタイプ パフォーマンンス) : ワールドツアー 2002 - 継続中
「Night Colors」 (川口隆夫 ダンス・パフォーマンス) : 東京、日本 2003
「Refined Colors」 (ダンス・パフォーマンス) : ワールドツアー 2004 - 継続中
「Little Prince Hamlet」 (ダンス・パフォーマンス,
commissioned by 香港アートフェスティバル) : 香港 2005
「path」 (インスタレーション/コンサート,
commissioned by 山口情報芸術センター) : 山口/日本 2005
「Drought and Rain Vol.2」 (Ea Solaカンパニー ダンスパフォーマンス) :
ワールドツアー 2005 - 継続中


坂本公成(演出家・振付家・ダンサー)

演出家、振付家、ダンサー。福岡県出身。'90年代前半にアートユニットとしてMonochrome Circusを設立。多くのパフォーマンス作品を演出する。'97年ダンスカンパニーとしてMCを再編。「出前ダンス」シリーズ「収穫祭」を開始し、これまでに270回のパフォーマンスを国内外で展開している。 最近作は90cm×90cmのテーブル上でデュエット「水の家」、アゴタ・クリストフの同名戯曲のダンス化「怪物」、森とのデュエットでテーブルと150本のナイフを使った戦慄の作品「きざはし」などがある。
http://www1.neweb.ne.jp/wb/hot-summer/mc/

1996- モノクローム・サーカス代表

主要作品 :
1996-2005 『収穫祭』ワールド・ツアー
2000 『泡沫』フランス、ドイツ、リトアニア、アメリカ、日本
2001 『Skin/Ephemera』フランス、ドイツ、日本
2003 『大収穫祭』京都芸術センター(韓国、タイ、米国、日本からの11人のアーティストとのコラボレーションを演出)
2004- 『Refined Colors』
バンコク、シンガポール、マレーシア、フランス、スペイン
2005 『Little Prince Hamlet』香港
2006 『水の家』アトリエ劇研、京都
『怪物』OBPホール、大阪
『最後の微笑』アトリエ劇研、京都
『きざはし』京都芸術センター、京都/ロクソドンタ、大阪

森裕子(ダンサー・振付家)

その多様なダンス経験に裏付けられた独特な存在感と透明感のあるダンスは多くの観客を惹きつけている。'93~'98年、MATOMA France-Japonに参加し数多くの国際的舞台に立つ。近年はMonochrome Circusと共に国内、国外各地へのツアーに参加。コンタクト・インプロヴィゼーションやダンスの講師としても定評があり、京都芸術センター"Coaching Project"など、内外各地で「からだへの気づき」の指導を行っている。「京都の暑い夏事務局」代表。
http://www1.neweb.ne.jp/wb/hot-summer/

主要作品 :
1998- 『夏の庭』パリ、京都、大阪
2000 『泡沫』京都、フランス、ドイツ、リトアニア、東京、アメリカ
2003 『フロート』新宿パークタワーホール、東京
『大収穫祭』京都芸術センター、京都
2004 『借家人』(振付:ディディエ・テロン)アトリエ劇研、京都
2005 『水の家』ロクソドンタ、大阪/成安造形大学、滋賀
2006 『水の家』『最後の微笑』アトリエ劇研、京都
『きざはし』京都芸術センター、京都/ロクソドンタ、大阪

1996- 『京都国際ダンスワークショップ』を開催


森川弘和 (振付家・ダンサー)

1997-2000 Magenia, school for pantomine、パリ
1999-2000 Ecole Nationale du Cirque Annie Fratellini, school for circus 、パリ
2001-2002 京都アートセンター・コーチング・プロジェクトCP1
2002 モノクローム・サーカスの活動に参加

活動歴:
2003 「Float」(モノクローム・サーカス)
パークタワーホール、東京、日本
2004- 「Refined Colors」ワールドツアー
2005 「Voyage」(ダムタイプ)
Bergen Intrernational Festival/Grieghallen、ベルゲン 、ノルウェイ
Muffathalle、ミュンヘン、ドイツ
Altstadtherbst kulturfestival du¨sseldorf 、
デュッセルドルフ、ドイツ
REDCAT, ロサンジェルス、アメリカ
「借家人」(ディディエ・テロン振付)
森下スタジオ、東京、日本
京都アートセンター、京都、日本
  「Patchworks2」(水と油)京都アートセンター、京都、日本
  「水の家」(モノクローム・サーカス)
ロクソドンタ、大阪、日本
成安造形大学、滋賀、日本
2006 「椅子のある部屋」(森川弘和・松本芽紅見振付)
ロクソドンタ、大阪、日本
沖縄国立劇場、沖縄、日本
Art Theatre dB、大阪、日本
「青函連絡船 『八甲田丸』」、青森、日本

佐伯有香(振付家・ダンサー)

幼少時代よりクラシック・バレエを始める。
大学卒業後、コンテンポラリー・ダンスによる活動を開始。
コンタクト・インプロヴィゼーション等、多くのダンス技法を取り入れている。
2001- モノクローム・サーカス、メンバー

主要作品 :
2003 「Float」パークタワーホール、東京、日本
「大収穫祭 in ソウル」(ソウル・フリンジ・フェスティバル)
シアター・ゼロ、ソウル、韓国
「牡丹燈篭」アートコンプレックス1928、京都、日本
2004 「INTERLACE」(ファトゥミ・ラムルー振付)
京都アートセンター、京都、日本
「借家人」(ディディエ・テロン振付)アトリエ劇研、京都、日本
「promenade」京都橘女子大学、京都、日本
2005 「大収穫祭 in 仙台」ビーブ・ベースメント・シアター、仙台、日本
「借家人」(ディディエ・テロン振付)森下スタジオ、東京、日本
「オランダ(坂)」アトリエ劇研、京都、日本         
「らんか」shin-bi、京都、日本
2006 「水の家」アトリエ劇研、京都、日本
「怪物」OBP円形ホール、大阪、日本
「EARTHDAY」metro、京都、日本
「OFURO」(park in progress) Maely-le-Roi、フランス
「混浴」shin-bi、京都、日本
sync- room market、京都、日本

南 琢也(音響・ヴィジュアルデザイン)

1989年より複数の名義で現代美術作品を発表。
1992年よりグラフィック・デザイナーとして活動開始。
1999年より、音響+映像ユニット「Softpad」のメンバーとして活動開始。

softpad.org

Softpad 略歴:
1999-2000 オーディオ・ヴィジュアル・ライブ
「How They Get the Way They Are」
京都、ソウル、ベルフォート、パリ、大阪
2000 オーディオ・ヴィジュアル・ライブ「in the house」
"interactive media art 2000@wakayama",
和歌山市民ホール、和歌山
2001 インスタレーション「in the house」
バレンシア・ビエンナーレ Body and Sin、バレンシア、スペイン
インスタレーション
「Recording」Le Tribu dell’Arte、
Galleria Comunale d'Arte Moderna e Contemporanea、
ローマ、イタリア
DJ スタイル ライブ イスタンブルール・ビエンナーレ egofugal
オープニング・イベント、イスタンブール、トルコ
インスタレーション
「in the house」ヴォイス・ギャラリー、京都
2002 インスタレーション「information」ヴォイス・ギャラリー、京都
インスタレーション「Eau Rouge」
SON/IMAGE、 京都芸術センター、京都
インスタレーション「information」ISEA、名古屋
2003 インスタレーション「Sfera Sound Scape」SferaExhibition、京都
グラフィック+サウンドデザイン「Mark Rosko Interactive2」
枚方市民ギャラリー、大阪
2004 インスタレーション「PlayTime」京都芸術センター、京都
2004.2005 DJ スタイル ライブ Namura Art Meeting、
クリエイティヴ・センター大阪、大阪
2006 展覧会「Sensibilia」滋賀県立近代美術館、滋賀
オーディオ・ヴィジュアル・ライブ「BCN」
Sonar 2006、バルセロナ、スペイン
オーディオ・ヴィジュアル・ライブ「geogram」
sonarsound Tokyo、東京
インスタレーション「geogram」メディア・シティ・ソウル 2006 "Dual Realities" 、ソウル市立美術館、ソウル、韓国
2007 オーディオ・ヴィジュアル・ライブ「geogram」
EXIT Festival、Maison des Arts de Creteil、クレテイユ、フランス
オーディオ・ヴィジュアル・ライブ「geogram」
VIA Festival、Le Manege、モーブージュ、フランス

真鍋大度(音響・プログラミング)

1976年東京生まれ
東京理科大学理学部数学科卒業
国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)DSPコース卒業

アーティストとして振動、超低周波を使用して触覚と聴覚の特殊性、共通性、
相互作用を狙った作品制作を行う一方で、実験的なターンテーブリストとしても活動中。また、プログラマー、音響として国内外の様々なアートプロジェクト、
企業との研究開発プロジェクトに参加。
デザインユニットDGNには、プログラマー、システムエンジニアの経験と
アーティストとしての活動をミックスし、2004年春から参画。

ライブパフォーマンス
2004 Ars Electronica 2004, リンツ
2005 「Laptop Orchestra」Overtoom301, アムステルダム
「Ku-ki」青山スパイラルホール, 東京
横浜トリエンナーレ, Nakaniwa, 横浜
「Lib-LIVE」ICC, 東京

DJ:
2004 Ars Electronica 2004, リンツ
2005 「Shoboshobo bus tour」Superdelux, 東京
「Spontaneous Core :Beyond the Performing Arts」Unit, 東京
2006 「Impluse」北京

映像:
2004 「Sonar Tokyo」Ebisu garden hall, 東京
2005 「Metamorphose」Cycle sports center, 静岡
2006 「Fatal plumage」GMEM, マルセイユ
「Metamorphose」Cycle sports center, 静岡

展覧会:
2004 「Riot please aha++」 ICC , 東京
2005 「Engage」 Aoyama Spiral, 東京
2006 「RFID VJ」Skipcity, 川口
「RFID LED Sequencer」ICC, 東京

プログラミングサポート、インタラクションデザイン :
2005 「Path」山口情報芸術センター, 山口
「And beyond」Axis gallery, 東京
2006 「Tablemind」Uplink Factory, 東京



Refined Colors
| Photos | Movie | Tour Schedule | Download | Contact